浮袋喫煙

嗜好品情報共有ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タバコ節約術 その二

禁煙を考えている方は多く存在すると思う。
健康、お金、子供が生まれた、禁煙ブームと理由は十人十色ある。
ただ、忘れてはいけないのはタバコ=嗜好品ということだ。

喉、肺の負担が心配であれば口腔喫煙を勧めたい。
煙管、パイプ、最近ではパセル(煙管とパイプを融合)、シガー、シガリロと喉や肺を通さなくても十分満足できる。
先日紹介したスヌース、スナッフもニコチン摂取目的であれば金銭面の負担を軽減できるし子供に対して副流煙の心配は皆無である。禁煙ブームが禁煙の理由であればタバコ=嗜好品ということを思い出してみよう。

そして本題の節約術についてであるが煙管とパイプを紹介したいと思う。
本体については数千円から数十万とピンキリなのであくまでランニングコストについて説明する。

煙管は非常に経済的な喫煙方法である。
おすすめの刻みタバコは国内産の小粋。刻みの細さは0.1mmで世界トップレベル。価格は10gで360円。
喫煙量はヘビースモーカーでも消費に3日かかる。

 ■小粋
  120/円 × 30/日 = 3,600/円

ただ、外出時に煙管を喫煙する勇気が私にはない。近所で常に五右衛門と呼ばれる危険性が伴うのだ。
自宅専用としておすすめする。

パイプについては言わずもがなポパイ、ダグラス・マッカーサーで有名な喫煙具。
コストが高いイメージはあるがパイプ葉の消費コストは50g入りで1,000から2,000円程度のヘビースモーカーでも消費に5日かかる。

 ■パイプ葉
  400/円 × 30/日 = 12,000/円

「え??紙巻タバコと変わらねーよ!!」
と思われるかもしれないがパイプは一喫煙で1時間以上、かつ限定された喫煙場所が必要になる。
算出された金額の12,000円である半額あたりが通常のランニングコストになるのだ。
パイプのデメリットは一度使うと24時間乾かす必要があるので最低2本は必要になる。
2つが3つ、3つが5つ…。高級パイプもほしい。ほしぃ…干芋…。紙煙草よりも余計にコストがかかってしまう。
Hot Potato!!を抱えた喫煙具である。




にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。