浮袋喫煙

嗜好品情報共有ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジグザグ・ファインカット試喫

ペーパーで有名なジグザグ社から手巻きタバコが11月上旬に発売。日本のみの限定販売ということで喫煙魂に火が付き購入。
上質なバージニアをメインに据えたストレート・バージニア・ブレンド(インド産、バングラデシュ産)。葉のステムを手作業で取り除き歯肉のみを使用した贅沢なレシピである。ドイツ「ダン・タバコ」社が製造しており原料葉の糖度が約21%。これは期待大である。

パウチは通常の折り返し版。明るく一般的な刻み葉が入っている。加湿具合は適度で加湿は不要。香りはいかにも高価と思わせるタバコの芳香。

早くムシャブリ吸いたい…。

最近はまっているピュアヘンプ・アンブリーチ1+1/4で試喫。葉を乗せコニカル巻きからの着火。

う~ん。
以前から感じていたことではあるが私はバージニア主体のシャグが苦手かもしれない。ハーフスワレ、GV、アメリカンブレンド等の一癖あるタバコが好みでことを実感した。(但し、ペペは旨い)
糖度が約21%と宣伝しているので口腔喫煙で甘味を感じようとしたがGV、マックバレン・バージニアブレンドよりも薄味である。そして、外国葉独特の苦手な香りが溢れパンチも弱い。

価格も高く味も薄い。いつもの映画で例えるなら『ゲド戦記』そのものである。
漢は黙って一癖ある『クロコダイルダンディー』を観ろ!

言うまでもなく糞高いジグザグ・ファインカットは冷蔵庫への片道切符を手にすることになったのであった。


無題
■ジグザグ・ファインカット
価 格:1,200円
グラム:40g
単 価:30円




にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。