浮袋喫煙

嗜好品情報共有ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールデンバット試喫

年末年始の休暇、新年の挨拶廻りでブログを書くことを完全に忘れていたが、ありがたいことに当ブログへの訪問者は増えてきた。

自宅付近に手巻きタバコを販売しているほどのオシャレな店はなく休暇前にマックバーレン・ハーフスワレを3パウチ購入。万全だと思ったいたが『食って寝ては喫煙』の毎日で休暇後半はシャグが無くなりショートピースを嗜んでいた。ショートピースは甘く煙が濃厚で洋菓子を食しているかのような感覚を得られる。そして、手巻きタバコで両切りに慣れてしまっているせいか紙巻きタバコも両切り以外吸えなくなっている。ある日私は同じ両切りのゴールデンバットを購入してみたのである。

通称『バット』は1906年から発売されている日本最古の紙巻きタバコであり日本で最も安価な紙巻きタバコでもある。他のタバコを作る時に屑を寄せ集めて作っているとの噂があるが事実は上級の煙草には使用しない葉脈の部分で製造されている。

数年前に喫煙した感想は雑味や辛みがあったのが印象的であった。そこで携帯加湿器で加湿し待つこと1時間。1本取り出し着火。

非常に旨い。
氷砂糖のような甘さとほのかなラム酒の芳香。低価格とパッケージデザイン。これは価格以上に素晴らしいタバコである。
機会があればマイヤーズもしくはキャプテンモルガンのラム酒で加湿してみようと思う。

一般的に旧3級品は安くて不味いと思われているが間違いである。クールスモーキングで甘味増加し加湿でマイルドになる。メジャーなタバコにも劣らない旨さを味わうことが可能なのだ。

伊丹十三監督による『売れないラーメン屋が最後には行列ができるラーメン屋になる』映画と同様にタバコも加湿や吸い方を変えることによって120%の旨さを引き出せるわけである。

今夜は大滝秀治がモチを喉に詰まらせて掃除機で吸うシーンをタバコを燻らせながらもう一度観ようと思う。


imagesE8M7JZH6bat.jpg
■ゴールデンバット
価 格:210円
グラム:14g
単 価:15円




にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ

スポンサーサイト

ショートピース試喫

忘年会シーズンとのことで、このような飲み場では多種多様のスモーカーと巡り合う。
シガー、加湿も知らない旧3級品の喫煙者。その中でも久しぶりに見つけたのがショートピース愛煙家である。通称ショッピ。国産初の本格的バージニアブレンドでバニラ系の加香を施している。国産ではニコチン及びタールでトップの銘柄。学生時代に魚屋の友人が喫煙していた時に貰ったことがあり感想としては「きつい」の一言であった。

もう一度苦い思い出を払拭するべく再挑戦する日がきたのだ。短い平和を愛する見た目が暗い彼にお願いしてショートピースを一本恵んでもらった。

手巻きタバコでフィルター無しは慣れていたので両切りタバコに違和感はない。口に咥え着火。

ぶ。ぶぶぶ。ぶっふぁぁぁあああああああああ!!!

こりゃ~やばい。
クールスモーキングを覚えたからなのか、一服吸っただけで紙巻きタバコの最高級品だと実感。焼き菓子のような甘味、人工的でないバニラの芳香、雑味はなく本当に旨い。一本吸い切るのに10分。それもそのはず通常の紙巻きタバコ0.7gに対してショートピースは1.0g。葉の詰まり具合も規格外である。
手巻きタバコに移行してから紙巻きタバコの紙臭さ、添加物の多さ等々を勝手な理由で見下していたが私の脳内では手巻き王様「アクロポリス」と紙巻き王様「ショートピース」の闘いの火蓋が切られた。

そして翌日の朝、再確認のためショートピースを購入。一服の旨さはショートピースが圧倒的であったが、飽きのこない持続的な旨さはアクロポリスであった。

愛煙家として早急にタバコが必要な時はショートピースを購入するであろう。


imagesa.jpg
■ピース(10)
価 格:230円
グラム:10g
単 価:23円




にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。